Marcel Kittel Gets PEZ’d

Wednesday, January 29, 2014

Marcel Kittel Gets PEZ’d

昨年のツール・ド・フランスで活躍したトップスプリンターのマルセル・キッテルは、 1月初め、スペインにて行われたチームのトレーニングキャンプに参加した。キッテルがどんなことを考えているのか、スペインを拠点としているアラステア・ハミルトンが行ったインタビューをお届けする。下積み時代から昨年のツールでのステージ4勝、特にシャンゼリゼでの勝利のことまで、キッテルはたくさんの内容を語ってくれた。

私たちが最近インタビューを行ったドイツ人選手(訳注 : トニー・マルティン)とは違い、キッテルにはユーモアのセンスがあり、話すことが本当に好きなようだ。しかし、あらゆる話題が興味深かったので、私たちが会話をした時間はあっという間に過ぎてしまった。彼は高速スプリンターであり、しゃべり上手でもあるようだ。 [ more... ]

Hardly Serious with Jens Voigt vol.103

June 27, 2014

One Last Summer Vacation in France!

元気にしてたかい?もう一度ツール・ド・フランスを走ることについての、僕の「確実に、そんなことは起こりえない」という考えは、今週やってきたニュースによってすっかり消えてなくなったよ。今年もまたツール・ド・フランスのチームの一員として選ばえれたんだ!ひとつ言っておくと、これまで何年間もツールを走るのは当然のことだったけれど、今年ばかりは最後の瞬間まで本当に知らなかったんだ。 [ more... ]

Hardly Serious with Jens Voigt vol.102

June 9, 2014

My Last Hurrah at the Dauphine

君たちの何人かは今年の僕のblogがいつもと同じような内容だって言っていることだろう。「その通りだ!」って言わざるを得ないよ。でも、毎月違う国でレースをスタートし、それがその国での最後のレースになるかもしれないってことなんだ。少なくとも僕にとっては、ちょっとゾッとすることだ。 [ more... ]

A view from the peloton – Tom Stamsnijder Giro d’Italia wrap-up blog

A view from the peloton – Tom Stamsnijder Giro d’Italia wrap-up blog

POSTED ON JUNE 3RD, 2014 @ 16:49

ジロ・デ・イタリアの期間中、休息日毎にブログ記事を投稿してくれたトムが、今年のレースの締めくくりとなる記事を投稿してくれました。

さて、僕は今朝起きるとベットを飛び出し、レースへ行く準備にとりかかって、今日僕らが走るのはどんなステージだろうって思ったんだ。僕が目覚めたのは自宅のベッドの上で、2014年のジロ・デ・イタリアが終わったことに気づくのには少し時間がかかったよ。夢の中の僕はイタリアに戻っていたんだ。何週間もロードバイクの上で過ごした後じゃ、他の何かについて考えることは難しいと思う。おかしなことだよ。 [ more... ]

Hardly Serious with Jens Voigt vol.101

March 31st, 2014

A Fresh Start to the Season

さて僕は今、カタルーニャ一周レースからの帰り道で、空港にいる。42歳のプロともなると、走ったことのないレースはほとんどない。だけど、プロに転向した1997年に走って以来2回目なのは、このレースだけなんじゃないかと思う。僕は今まで大抵、パリ〜ニースとクリテリウム・アンテルナシオナルに出場していたからね。でも今年はチームがカタルーニャで僕を必要としていたし、後悔することなんて全くなかった。周りを見渡してみればトップライダー達が揃っていたから、いろいろな意味で出場したいレースだったし、彼らはすごくハードな戦いを繰り広げていたから、僕にとってはまさにピッタリのレースだったんだ。 [ more... ]